top

光量子束密度

読み:こうりょうしそくみつど

光量子束密度(PPFD;photosynthetic photon flux density )とは、光の量を計る単位です。光は空間を移動するときは波の性質を示しますが、物質に吸収されるときは粒子の性質を示します。この粒子の性質を示す光を『光子』または『光量子』と呼びます。光量子束密度ではμmol・m-2・s-1という単位が用いられ、単位面積(m2)および単位時間(s)あたりの光量子の個数(μmol)を表します。

ヒトの目には暗いと感じる青色(波長400-500 nm)および赤色(600-700 nm)の光が光合成には必要であり、光合成活性はこれらの光の光量子量に左右されます。そのため、植物栽培における光環境の評価には照度ではなく、光量子束密度が用いられています。

カテゴリ一覧