top

抗酸化作用

読み:こうさんかさよう

生体内における物質の酸化反応を停止あるいは弱める働きのことです。

酸素は人が生きるために必要な一方で、生体を構成する脂質・タンパク質・DNA等を酸化により損傷して、本来の働きを失わせてしまう側面も持っています。これに対処するため、生体には酸化を抑える働きと、酸化による損傷を修復する働きを併せた抗酸化システムが備わっています。

抗酸化システムが正常に機能している限り、酸化反応と抗酸化反応はバランスが取れた状態を保っています。しかし、加齢・喫煙・肥満・疲労・栄養の偏りなどによって、酸化反応を十分に制御できない"酸化ストレス"と呼ばれる状態になると、動脈硬化や発がんといった形で健康に悪影響が及ぶことになります。これに対して、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質を積極的に摂ることで、生体の抗酸化システムを補える可能性があります。

カテゴリ一覧