top

新規な作用機構を持つ抗アレルギー素材の研究

イチジク茶は、感作細胞からのIgE抗体解離によりアレルギーを抑制する。この作用機構は新規であり、脱感作を促すことから回復効果も期待される。機能性食品としての付加価値を創造し類似品との差別化の検討と実用化を目指した製造条件の検討を実施した。イチジク茶を投与したマウスでは、抗原接種時のアレルギー症状の緩和と抗原接種終了後の症状悪化の抑制が確認され、発症抑制のみでなく回復促進効果も有すると示唆された。また、抑制効果を増強する成分として、タマネギ果皮抽出物に含まれる成分を見出した。凍結原料由来のイチジク茶は、原料解凍中の酵素反応により阻害成分が増加し、抑制効果が弱まる。そこで、原料の解凍を省略し製茶したところ、阻害成分の増加が抑えられ抑制効果を維持した茶葉の製造が可能となった。

年度別記事一覧

カテゴリ一覧