6月2日(火)より開館いたします

高碕記念館は、6月2日(火)より庭園部・邸内とも見学を再開いたします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行のため、政府より緊急事態宣言が出されたことを受けて、高碕記念館全体を閉館しておりましたが、再延長はせず、6月2日(火)より開館いたします。

なお、感染症が収束したわけではございませんので、新しい生活様式」「博物館における新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン」等に準じて、案内の館員はマスクを着用し、最低1mできるだけ2mの距離をとってご対応するなど、感染予防措置を講じての再開となります。
つきましては、ご来館の皆様にも色々とお願いすることがございますので、ご協力のほどをよろしくお願いいたします。

入構にあたって

  • 発熱(37.5℃以上)、咳、喉の痛み、強いだるさ(倦怠感)等、COVID-19の可能性が疑われる症状のある方は、ご来館をお控えください。
  • 当館には門が2ヶ所ございますが、敷地左・西側の正門を出入り口とし、敷地下方・南東角の通用門を非常時の出口専用といたします。ご不便をおかけしますが、正門よりお出入りください。
  • 門扉は開館時間中も閉じておりますので、右門柱のインターホンで係員をお呼び出しください。

庭園の観覧

  • 3密を回避するため、同時に観覧できる人数を20人に制限させていただきます。20人を超える場合には、観覧をしばらくお待ちいただくことがございます。
  • 敷地内では、かならずマスクをご着用ください。
  • 入構時の体温測定と体調の聴き取りにご協力ください。
  • ご観覧に際しては、お客様同士で最低1mできるだけ2mの間隔をお開けください。

邸内の観覧の場合

  • 3密を回避するため、一度に内覧できる方を5名様までとさせていただきます。また、これまでどおり、予約をお願いいたします。
  • 敷地および邸内では、かならずマスクをご着用ください。
  • 入構時の体温測定と体調の聴き取り、手指の消毒にご協力ください。
  • 万一クラスターが発生した場合に備えて、ご連絡先を頂きます (個人情報保護には十分配慮いたします)。
  • ご観覧に際しては、お客様同士で最低1mできるだけ2mの間隔をお開けください。

関係者一同、ほぼ二か月にわたる閉館の間、皆様にお会いできることを願っておりました。制限はあるものの、こうして再開館できますことを大変に嬉しく思っております。感染症収束に至るまでは、皆様にはご不便をおかけしますが、一時なりと当館でお楽しみくだされば、これに勝る喜びはございません。お待ちしております。

月別記事一覧