top

事業理念

vision01.jpg

将来ビジョン

近年、我が国の食に纏わる環境は、将来的な人口減少、少子高齢化、一次産業人口の減少に伴う食資源自給率低下の不安、またより向上が求められる食の安全性、品質や消費者ニーズの多様化によるライフスタイルの変化、複雑化など多様且つ不確定な情勢変化が予想されます。

そうした将来を見据え当研究所は、本来 "こうあるべき"という社会の姿を想い描きその実現に向けて、公益事業の方向性や指針を定めこれを全所員共有の理念として、日々の活動を行って行きます。

"あるべき未来" の将来ビジョン

「人々が生涯健康で安心な食生活を営める社会。 高齢者、若者、子どもが定住できる 豊かな自然の食資源を享受、循環できる持続可能な社会」

国民が生涯を通じて健康でいられるよう、食の持つ3つの機能を安全且つ効果的に作用させる為の研究、開発、食育活動を行います。 (機能性研究、安全性研究、介護食開発、啓蒙啓発活動etc.)

過疎化が進む地域社会が新たなる産業を創出し、高齢者から子供までが安定した生活ができるコミュニティ形成への手助けを行います。
(栽培育種・改良技術、素材加工技術、6次産業化技術、etc.)

限られた食資源を人々が無駄なく利用し、循環、再生といった持続性を持った資源循環型社会の構築に向け、関係主体と積極的に連携した活動を行います。
(未利用資源活用技術、廃棄物削減技術、環境負荷低減技術etc.)

この将来ビジョンの実現に向けて、中長期計画で具体化し、更に単年度計画に落とし込み、我々ができる当所の強みを活かした事業に邁進します。