top

柿の新規利用方法の開発

カキに含まれる機能性成分を探索し、食品に応用することを検討している。果皮に含まれるポモル酸と果実に含まれるcis-バクセン酸の生体への作用機構解明を進めている。
ポモル酸投与ラット肝臓の遺伝子発現解析から胆汁酸受容体(FXR)を介した作用の可能性を示した。また、ポモル酸投与マウスでは脂肪細胞の肥大化が抑制された。以上より、FXRを介した抗肥満作用が期待される。
cis-バクセン酸を糖尿病マウスに投与した結果、総摂食量、体重、血中のグルコアルブミン値が低下した。肝臓の遺伝子発現解析からは、エネルギー産生の活性化を介した糖尿病予防が期待できる。

年度別記事一覧

カテゴリ一覧