top

園芸学会 平成24年度秋季大会で発表しました。

イチゴ果実のヘタ離れ機構の解明(第2報)イチゴヘタ離れにおけるエチレンの関与

○阿部竜也、高橋徹

当研究所で育成された加工用イチゴ品種'ベニヒバリ'は高いヘタ離れ性を有し、収穫時の作業性に優れている。'ベニヒバリ'を中心としたプロテオーム解析により、ヘタ離れにエチレンが関与する可能性を見出した。そこで、遺伝子発現解析、生理学的解析によりエチレンの関与を確認した。

月別記事一覧