オープンセミナー『身近なカビの話』のご案内

私ども公益財団法人東洋食品研究所は「科学的解析に基づいた食と健康」をキーワードに、食品の機能、加工技術、環境/社会調和型関連技術などの研究に取り組んでいます。

この度、当研究所におきまして一般の方々を対象に、食と健康を題材にしたオープンセミナーを開催しますのでご案内致します。

講演内容(講演内容等については変更となる場合があります)

1) 「身近なカビのいま・むかし」(講演・質疑応答80分)

大阪市立自然史博物館
外来研究員 浜田 信夫 先生

ヒトは冷蔵庫のない時代から、食品を保存するために様々な工夫をしてきた。先人たちの叡智を学び、今日の日常生活にも生かせる先人たちの叡智を解説する。

2) 「当研究所におけるカビ」(講演・質疑応答40分)

(公財) 東洋食品研究所
研究部 食品科学研究グループ 遠田 昌人

カビは包装食品での腐敗変敗の原因になることもある。容器の密封不良や耐熱性のカビによるものだが、それらの実例を示し、包装食品で行われているカビ対策について解説する。

セミナー開催概要

主催 公益財団法人 東洋食品研究所  後援:川西市、宝塚市
日時 2021年11月3日(水) 13:30 ~ 16:00
会場 公益財団法人 東洋食品研究所 ( ⇒ 案内地図はこちら
(JR川西池田駅より徒歩で約10分、阪急 雲雀丘花屋敷駅より徒歩で約7分。尚、駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用下さい。)
定員 50名
参加費 無料
申込方法 ハガキに参加希望者の住所、氏名、電話番号をお書きの上(1人1枚)、10月18日(月)までに
(消印有効)当研究所セミナー係へ郵送下さい。

【宛先】
〒666-0026 兵庫県川西市南花屋敷4-23-2
公益財団法人 東洋食品研究所 セミナー係

※定員超過の場合は抽選となります。当選された方には参加証を10月25日(月)までに当所より発送致します。
お問合せ 電話:072-740-3300(代)
午前9時〜正午および午後1時〜午後4時 (土日、祝日は除く)

新型コロナウイルス感染拡大防止のための弊所対応につきまして

公益財団法人東洋食品研究所では、兵庫県の感染拡大予防ガイドラインに則り、オープンセミナーを開催致します。参加者様同士での感染のリスクを抑えるため、以下に該当される方はご来場をお控えいただけますようお願い致します。

  • 咳や37.5℃以上の発熱症状がある方
  • その他新型コロナウイルス感染症と思われる症状がある方

会場内での感染拡大防止対策

  • ご来場時の検温と手指消毒の実施
  • スタッフ・参加者様のマスク着用の徹底
  • 適切な換気と消毒の実施
  • 参加者様同士の座席間隔の確保

※セミナー定員は50名としております (平常時の定員:100名)。

その他

兵庫県新型コロナ追跡システム」に登録しており、セミナー当日には会場内にQRコードを掲示しております。

20211103オープンセミナーポスター『身近なカビの話』

月別記事一覧